桜美林学園の創始者・故清水安三氏のルポルタージュ
2021年5月24日

お客様に教えていただきました。

「私は中、高とクリスチャンスクール 桜美林学園に学んだものですが、 作家、故山崎朋子氏による桜美林学園の創設者、故清水安三氏を題材にした 朝陽門外の虹という表題のルポルタージュがあります。

故清水安三氏は戦前、中国にて児童収容施設から学園を創設し、敗戦によりその学園が接収され、帰国後、さらに桜美林学園を設立しました。

故清水安三は、中国では初期、貧民街に暮らし、その時、六神丸が中国の子供の一命をとりとめたエピソードが朝陽門外の虹に記載されてありました。 張楊門外の虹は故清水安三の著書を資料に上梓されました。

何らかのお役にたてばと僭越ですがお知らせします。」

朝楊門外の虹 P43

「しかし、現実には予想を越えてきびしい中国の子どもの生活実態が、彼に日曜学校を開設させたと言わなくてはならぬのである。

というのは、小西辺門外の家に住んでより数個月の暑い夏の夜、 隣の民家から悲しみの鋭い声が挙がり、つづいて女たちの泣きむせぶ声が聞こえた。 唯事ではないように感じられたので安三が訪ねてみると、七、八歳の男の子が息を引き取った、というところである。

しかし、安三が見てみると、反応はないが未だ絶命してしまったのではない。 おぼつかぬ中国語で 医者は?  と訊くと、 お金が無いから、呼べないのです、との答え。

そこで安三は家に取って返し、当時の日本での常備薬 六神丸 を持ってきて、 子供の口を割り、その粒をどうにか飲ませた。 すると、三十分くらいして強ばっていた顔がゆるみ、息の通いが見て取られ、 一時間もすると完全に蘇生したのだった.」

 

コロナで暗い世の中、こんな薬もあるということで安心していただけたらと。

松岡様、ありがとうございました。

〒603-8322
京都市北区平野宮本町95
Tel.075-462-1640 Fax.075-462-1159

購入はこちら
お問合せ

ご挨拶
KAMEDAの家庭薬について
六神丸

小児六神丸
サンプル

仙丹
天然漢方スパハーブ
養生茶IRODORI

会社概要
ニュース
通信販売法表示
プライバシーポリシー
サイト利用規約
© Kameda Risaburou Yakuho.Co All rights reserved.