亀田利三郎薬舗 〜六神丸〜

五臓六腑にカメロクの六神丸

>> 無料サンプル申込はこちら!

天然漢方スパハーブ

井筒八ツ橋本舗の小豆を使った 歌舞伎銘菓「夕霧」と、漢方薬の老舗「亀田利三郎薬舗」が コラボレーションし生まれた、小豆配合の天然漢方スパハーブです。

玄武ゆ箱入りセット

【ギフトセット】

会社概要

店舗写真

伝統の家庭薬「六神丸」の元祖
「広告より品質で売れ」がモットー

株式会社 亀田利三郎薬舗

〒603-8322
京都市北区平野宮本町95
Tel.075-462-1640 Fax.075-462-1159

亀田家は近江国甲賀郡(滋賀県)の出身。
江戸中期・元禄の頃京都へ出て五条室町に店を構えました。 代々、井筒屋利兵衛の名で、紅商を営んでおりましたが、のち呉服商に転じ、 六代目利兵衛の長男利三郎が親戚の清水焼の陶工・真清水蔵六と景徳鎮へ渡中したとき上海で病気になり、現地で入手した六神丸でたちまち快癒したのをきっかけに、この六神丸を日本へ輸入し売り広めようと、雷氏方という処方を学んで帰国しました。

当初は、蘇州の雷桐君堂の六神丸を中国雑貨(緞子類など)と輸入して販売していましたが、明治26年、六神丸の評判がよいため、呉服商から薬屋へ転業。そして六神丸を輸入すると同時に、国産化の研究に精魂を注ぎ、 明治32年、輸入している六神丸に鶏冠石(砒素)が含まれていたため輸入禁止となったのを機に、国産の 赤井筒薬六神丸を販売し今日に至っています。

Copyright 株式会社亀田利三郎薬舗 All rights reserved.